専門家に聞くべきことは?法人口座開設の流れや必要書類を理解

まずは法人口座開設の流れや必要書類を良く理解し把握しておくことが不可欠です。例えば過去に審査を通らなかった例を知ることでも審査の関門を突破する対策を練ることができます。そこで依頼した専門家から最大限のアドバイスを引き出すために、どのようなポイントを押さえて質問すれば良いのかを考えてみましょう。

会社に合った銀行とは

法人口座開設にあたり、銀行選びは重要な検討事項の1つです。銀行により審査内容や手続きにかかる時間だけでなく、その後の使い勝手が時には大きく異なってくることもあり得ます。以下からは法人口座を開設、そして運用するにあたり、銀行のタイプによってどのような違いが考えられるかを見ていきましょう。

ネットバンクを選ぶ場合のメリット・デメリット

法人口座の開設でネットバンクを利用するメリットの中でも特に大きなポイントとなるのが維持費に対する手数料の有無です。国内の有人店舗を構える大手銀行の場合、会社によって若干の違いはありますが、オンライ…

メガバンクを選ぶ場合のメリット・デメリット

メガバンクの最大の特徴は、日本の各地で支店を持っているという、規模が大きな銀行であるという点です。これがメリットに大きくつながっています。メガバンクに法人の口座を持っていれば、それだけしっかりした…

個人の口座開設時とは違う書類が必要な法人口座

法人口座とは会社名などの法人名義で開設する銀行口座のことで、開設には事業内容を確認できる書類や、会社の不動産登記簿謄本などが必要です。

郵貯や地方銀行を選ぶ場合のメリット・デメリット

郵貯を選ぶメリットとデメリット

郵貯銀行で法人口座を開設するメリットとしてまず挙げられているのが、全国展開している銀行であることです。全国に支店を持っているのでそれぞれの都道府県や地域に顧客を持っている企業の場合、振込口座としての利便性が高いとされています。またATMで現金を引き出す際の手数料や振込手数料が無料となっていたり、口座を維持するための手数料が無料などコスト面でも大きなメリットを持っているところが魅力です。デメリットとしては、銀行としての歴史の浅さが挙げられています。 どういうことかというと、中小企業倒産防止組合の口座に使えないなど、保険や制度に対応できていないところがほかの銀行と比較するとデメリットになっているのです。

地方銀行を選ぶメリットとデメリット

地方銀行を法人口座に選ぶメリットとしては、特定の地域で利用できるという点があります。地方銀行は名前の通り一部の地方を中心に事業を展開している銀行なので、そのエリア限定に適した商品やサービスを展開しています。このため地域密着型でビジネスを展開している企業にとっては使いやすいですし、限定した地域に顧客が集中している場合にも振込などの関係で使い勝手がいいというメリットがあります。また都市型の銀行と比較すると、相談に乗ってもらいやすいという傾向もあるようです。 デメリットはほかの地方での取り扱いがない点や金利がやや高い傾向がある点などがあるほか、高額の融資に対しての審査機関が都市型の銀行と比較すると長いという点も挙げられています。